車 下取り 買取

車の下取りと買取について

車の売却方法として、代表的なものに、下取りと買取りというものがあります。

 

下取りは、ディーラーにお願いして、新車の購入代金から下取りに出す中古車の
買取り予定代金をひいてもらうという決算の仕方です。

 

既に新しく買う車が決まっている人、車が好きでこまごまとしたメンテナンスをお願いする
得意のディーラーがいる人、あるいは変わった車を所有している、購入したいという人にはおすすめの方法です。

 

面倒な書類手続きなどは全てディーラーが行ってくれますし、細かなメンテナンスや相談にも
応じてくれるというメリットがありますが、単独で車を売るよりも安い価格の査定に
なってしまうというデメリットがあります。

 

一方の買取りは、中古車買取業者にただその車を買取ってもらうだけという方法です。
いたってシンプルに、車に査定をつけてもらって、その価格に納得いけば売却、
手元に現金が残るというシステムなので、分かりやすく明朗会計です。

 

ただし、車が一時的に(新しい車を買うまで)手元からなくなってしまうこと、改造車など
特別な車の価値までは理解してもらいにくいということ、などがデメリットとしてあげられます。

下取り値段はどうやって決まる?

車のディーラーはお客さんから高く下取りした車を放置しておくわけにはいきません。
中古車の長期在庫は、商品としての品質が劣化して老朽化するばかりでなく、在庫金利の負担が重くのしかかってくるのです。

 

そのことに目を背けていたなら、ディーラーの経営基盤が揺るぎかねないほどの重要問題になってきます。
それこそ傲慢の典型です。

 

そもそも、1961年に月賦販売法というものが制定施行され車を購入する際、頭金の代わりに下取り車を当てても良いことになりました。
それでユーザーが気楽に古い車を手放していけるルールが出来上がったのです。

 

ルールはあったがまだ視界不良でした。
売りにくい中古車、それこそ「ポン」と言われるようなものを高く下取りしていたの、ディーラー自身が首を絞めることになります。
業界にもうこれ以上、損が出る高取り競争はやめにしようと言う機運が生まれてきたのです。

 

すると今度は中古車を手放すユーザー側から不満の声が出てきました。
「もう少し高く評価してくれ。いったいどんな評価基準があってそんなに安く買い叩くのか?」
というわけです。

 

そういうわれても、ディーラー側にはこれが適正な評価基準だと言う、確信を持って答えられるものがありませんでした。
要は下取り車を、高値で買取っていたのでは損をしてしまう。
というその気持ちだけだったのです。

 

そういう時代背景があって査定協会は声をあげました。
しかし協会を発足させたからといって、すぐに中古車市場の公正な取引、流通の正常化が確立するわけでもありません。
何しろそれまでがでたらめであったとは言わないまでも、ディーラーによって、あるいは評価する人によって、
または銘柄によっても評価がバラバラだったのです。

 

地域間格差にもばらつきがありました。
東京の人が手弁当に汽車賃まで出して、九州や四国まで中古車を仕入れに行ってもお釣りが来ると言う、
そんな話がいくらでも聞かれたのである。

 

業界では中古車の基準価格と言うものの設定を急ぎました。
年式や走行距離、車検までの猶予付きの期間等はすぐに基準化できます。
問題は個々の車両の痛み具合をどう評価するか?です。

 

いろいろと討議された後、チェック7項目と言うのが設定されました。
なるべく査定員の主観を排除して、公正な評価ができるよう、業界統一の査定表ができあがりました。
言うなれば中古車のカルテです。
中古車のカルテは査定基準に照らして書き込まれていきます。

 

トップページに戻る>>